超越瞑想(TM)は様々な分野で科学的研究が進んでいます。

1940年くらいから禅の高僧やヨガの行者などを対象に脳波の研究がされていました。しかし、対象者は数も少なく、研究に協力してもらうのも大変です。

ところがTMを学んだ人は初心者でもそのような脳波が計測されたのです。そのために1970年代から急速に研究が進みました。

特に1970年に「超越瞑想の生理的効果」としてアメリカの「サイエンス」誌に発表されたロバート・キース・ワレスの論文がTMの意識について言及された初めてのものです。

その後も次々と補足されながら他の専門誌にも掲載されていきました。

また、脳波の研究だけでなく、健康、人間関係、社会についての研究も数多くなされています。


最近では Cardiovascular Quality and Outcomes  5:750-758,2012 に掲載された

Effect of Transcendental Meditation Program on Dath, Heart Attack and Stroke

という研究があります。

これは、「超越瞑想を規則的に実践している者は、健康教育のクラスに5年以上参加している者と比較して、心臓発作や脳卒中を起こしたり、何らかの原因で死亡する率が48パーセント低いことがわかった」というものです。

心臓病・脳卒中を減らすことを証明した超越瞑想の研究が何百ものメディアに掲載される | TMウェーブ

今週、新しい科学的研究の結果に関する記事が世界中の新聞に何百件も掲載された。その研究は、米国心臓協会が発行する雑誌『Circulation: Cardiovascular Quality and Outcomes』に11月13日に発表されたものだ。この無作為化対照研究では、心臓病患者であるアフリカ系米国人の被験者のうち、超越瞑想を規則的に実践している者は、健康教育のクラスに5年以上参加している者と比較して、心臓発作や脳卒中を起こしたり、何らかの原因で死亡する率が48パーセント低いことがわかった。瞑想を実践している被験者は、血圧が下がったことや、ストレスや怒りが減少したことも報告している。また、瞑想を規則正しく実践している患者ほど生存率が高くなっていると、この研究をミルウォーキーのウィスコンシン医科大学で行った研究者は語っている。「私たちは、心身相関を管理するやり方でストレスを減らせば、この流行病にかかる率を減少させる助けになるだろうという仮説を立てました」と、研究主任のロバート・シュナイダー医学博士は言う。彼は、アイオワ州フェアフィールドのマハリシ経営大学で自然医療・予防研究所の所長を務めている。「超越瞑想をすると身体それ自身が持つ調剤機能が作動し、身体が自らを修復・管理するかのように見えます。」この研究では、201人の被験者が、超越瞑想によるストレス軽減プログラムと、食事と運動を中心に生活習慣を修正する健康教育クラスのいずれかに無作為に振り分けられた。超越瞑想プログラムに振り分けられた被験者は、1日2回、約20分ずつ座って目を閉じ、このテクニックを実践して、はっきり目覚めた状態のままで心と体を深く休息させた。健康教育グループに振り分けられた被験者は、健康教育の専門家の指導の下で、体操などの心臓に良い行動を家庭で1日20分以上かけて行うやり方、健康に有益な食事の作り方、リラックスするための一般的な方法についてアドバイスを受けた。研究者は、研究の開始時、3カ月後、その後は6カ月ごとに、肥満度指数、食事、プログラムの順守度、血圧、および心血管症状による入院に関して被験者の評価を行った。心血管疾患は、多くの国で死亡原因の第1位になっている(日本では第二位)。米国における心臓病による死亡率は、黒人成年が白人成年と比べて約50パーセント高くなっている。米国には医療格差があるた

TMウェーブ

この学術誌Cardiovascular Quality and Outcomesは、インパクトファクターと呼ばれる他紙への引用数が5.906であり、非常に高いレベルの研究結果です。

研究結果は少し専門的なのでややわかりにくいかもしれませんが、専門家の方には、大変信頼のおける研究だというのはお分かりいただけることと思います。


2/10と12に松山と広島でヨーガアーサナコースを開催しました。全部で21人の方が参加されました。今回参加してくださった皆様、この機会を作ってくださった末田先生、特にアレンジをしてくださった横山先生に感謝いたします。

コースに参加してくださった皆様の体験談をご紹介します。


とても楽しい時間となり、地元は雪でしたし、身体も痛かったですが行って良かったと、心から思えました。帰りのバスの中で瞑想をしてみました。凄く、心地の良い感じがしました。ありがとうございました。(女性)


無理のないできる範囲で、自然に行うというヨーガアーサナ、気楽に自分の調子で続けてみようと思っています。(女性)


今まで受けたことのあるヨガと呼ばれるものが、全く別物になってしまっていることを知りました。ヨーガアーサナの間、自然に体と向き合うことができます。この後の瞑想はアーサナをせずにするときとは明らかに違います。体が喜んでいることを感じられ、感動しました。毎日、時間を作ってアーサナを続けたいです。(男性)

あっという間に2月になってしまいました!!(汗)

今は月に2回ほど半蔵門麹町でヨーガアーサナの16課コースをやっています。

毎回講義とアーサナの実践の2時間のコースです。

宿泊のコースも良いものですが、ゆっくり講座を進めるのは、少しずつ確実に学べるので学ぶ方にとってとてもよい方法だと感じています。

講座のたびに皆さんの体験談をお伺いするのがとても楽しみです。学んだ知識をもとに日常生活でさまざまな気づきがあるようです。

例えばヨーガアーサナは「快適さ」が重要ですが、アーサナだけでなく、食事や行動についても努力でなく「快適さ」という観点から見るようになっているようです。

そして私はその日のコースが終了して家路につくときは、とても幸せな気分で帰ります。

なぜだか理由はわかりません。でもいつもとっても幸せな気分なのです。


あと数時間で2018年。1年はあっという間ですね。

私は年に1回くらい色々なものをまとめて片付けます。

捨てたり、売ったり、リフォームしたり・・。

ものを処分するという、物理的な作業ですが、今の自分を振り返る良い機会になります。

必要なものと必要でないものを確認すると今自分が望んでいるものは何かよく見えるのです。

そして、ものが減ってスッキリし、新たな気分でまた毎日が始められます。

もちろん心の断捨離はTMがオススメです。

どうぞよいお年をお迎えください。


私はお笑い番組やバラエティー番組が大好きで、いつもなにか楽しい番組ないかなーとチェックしています。

と、ここでどうして私はこんなに笑いを求めているかというと、体質のせいなのです。

マハリシのヴェーダ的健康法(インドの伝承医学であるアーユルヴェーダを意識と体の両面から再構築したもの。)によると、私の体質はピッタです。

ピッタの特徴は、火で象徴されます。ピッタは鋭さ、知性、集中力、効率性などを持ちますが、ピッタが乱れると秩序にこだわる、他人に厳しい、自己批判、怒りっぽい、待てないなどの行動が現れます。

そのバランスをとるのが、純粋な食物、自然に触れる、笑うなどです。

笑いはピッタを静めるための最高の薬の一つなのです。

カパ体質の人は、ゆっくり、のんびりタイプですから、刺激が必要です。運動するとか、人に会うとか、旅行するとかなどです。また、カパ体質の人はついついものをためがちなので、片づけをするのも快適に感じるでしょう。

ヴァータ体質の人は、逆に休息が必要です。あれこれたくさんやりすぎて落ち着かなくなってしまいがちです。ゆっくり温かいお風呂にはいるのもヴァータを静めるのによい方法でしょう。ヴァータが乱れると、からだは自然にその軽さを重くしようとして爆食(!!)してしまうので、ついつい食べ過ぎてしまう人は、まずお風呂に入ってからお食事をとるとよいかもしれませんね。

体質は全部で10タイプあるのですが、自分のタイプがわからなくても、TM瞑想をしていると自然に正しい行動をとれるようになってきますよ。

言わずと知れた池田理代子先生の代表的な漫画です。

週刊マーガレットの連載から、映画、アニメ、宝塚まで、同時代を生きたバリバリのベルばら世代ですが初めて全巻を読みました。今頃?って感じですね。

最後の2巻は涙無しには読めない・・。オスカル、アンドレ、マリーアントワネットの運命が過酷すぎます。

バスチーユに民衆が向かっていくシーンはまさに時代の空気、民衆の集合意識を感じます。

時代はリーダーだけでなく民衆の意識でも動いているんですね。

もっと調和と平和な意識で世界が満たされたらいいなーと考えながら本を読み終えました。



10/29に「広島 至福と平和を拡げる100人瞑想会」に参加してきました。

当日は台風が心配されたのですが、午後からは青空が広がって帰りは傘が必要なくなりました。これも末田先生、横山先生、スタッフの皆さんの熱意のおかげでしょうか。

会場は広島センターの隣の隣のビルで、センターから近くてとっても便利です。

翌日からはすっかり寒くなって紅葉が一層進んだようです。センター近くをぐるっと散歩して紅葉を楽しみました。

心に関する本をよく読みます。

今回読んだのは「自閉症の僕が跳びはねる理由」(東田直樹著)、何年か前に話題になった本です。

著者は自閉症でうまく言葉を発することができません。しかし、独自の文字盤あるいはパソコンで自分の内側を表現しています。この本を著者が書いたのは13歳のとき。何を考え、何を感じているかがとてもよくわかります。

はじめは、自閉症の方が(あくまでも著者の体験ですが)なにを感じているのかということが知りたくて読み始めたのですが、読み進めるうちに、「あーこういう風に感じることって誰にでもあるなー」と思いました。そして次第に他の人との接し方について考えさせられます。最後にはまるで自分の内側を探検するような気持にもなりました。

というのは普段は忙しくて、こんな時どう思ったか、どう感じたかをくわしく分析していません。いろいろな感情を体験していますが、それは来ては去っていく雲のようです。

たまには立ち止まって自分の内側を観察してみるのもいいかもしれません。

TMは心のもっと深いところを探検するための最高のテクニックです。

9月24日にまたグループ実習に行ってきました。

今回は150人の集まりでした。準備やら、ボランティアの方お疲れ様でした!!

私も当日少しお手伝いしたのですが、作業をしていてもとても気持ちよくできます。

調和があるっていいなーと毎回感じます。

そして、帰ってからいいことがいくつかありました。グループ瞑想の効果ってすごいですね。

体験してないと気のせいなんじゃないの?なんて思われそうですが、何回も体験するとこういうものなんだなーと気づきます。これを体験しないなんてもったいない・・。


TMはヨガ(ヨーガ)です。

「ヨガ=エクササイズ、運動」という考え方が欧米で主流だったころ、TMの創始者であるマハリシがこのテクニックを世界に紹介しました。

「このテクニックが今までのヨガと一緒にされてしまう、なにか新しい概念が必要だ」とマハリシは考えました。そのためにTM(Transcendental Meditatinon 超越瞑想)という名前を付けたのです。

ヨーガとは心(意識)と体の統一(合一)という意味です。

心と体、環境は繋がっていますので、心が開発されると同時に人生のすべての面が豊かになります。

しかし、残念ながら、数百年前に間違って解釈されてしまったために、瞑想は努力や集中を要するものになってしまいました。


永遠の究極の本質(「存在」Being)は形に現れないものとしていたるところにあり、誰もがそれを体験することができます。

究極の本質との直接的な接触のみが生命のあらゆる面を完全なものとするのですが、その方法が失われ、ヨーガは隠遁者だけのものとして解釈されるようになりました。

すると、原因と結果を取り違えるという混乱が生じました。

まずはヨーガの基盤はサマーディ(究極の本質との直接的な接触)になければなりません。それを繰り返し経験するからこそ、その人が高められるのですが、正しい行動をすることによって、サマーディに至ると考えられるようになってしまったのです。


しかし、いまはこの方法が復活されて誰にでも手の届くところにあります。

もっともっと人生を楽しみたい人は、ぜひTMを試してみてください。

『敏感すぎていきづらい人の明日からラクになれる本』長沼睦雄 著(永岡書店)を読みました。

 敏感すぎる人(Highly Sensitive Person=HSP)とは、「深く処理する」、「過剰に刺激を受けやすい」、「感情の反応が強く共観力が高い」、「ささいな刺激を察知する」などです。また、これは少数派(15-20%)の気質であって、大多数の中の程度の差ではなく、少数派のなかにも程度の差があるとのことです。また、これは病気でなく気質で、生まれ持った神経システム(ホルモン分泌、免疫システム)によって決まるそうです。


 これを読んだのはそもそも私が敏感すぎて、生きづらさを感じているからです。ただ、そんな生きづらさもTMを続けることによって、少なくなってきたように思います。

 この本の中ではさまざまな対処法が書いてありましたが、自分で自然に行っていることが多いことに気づきました。「これでいいのかな?」と思いながら行動していたことが、「私にとってはこれでよかったんだ」と確認するようなかたちになりました。このように自然に行動が正しい方向に変わるのはTMの効果のひとつです。

 気質ということは遺伝も関係するのですが、母も私以上に心配性で「あーやっぱり」と納得しました。また、HSPでない人からは理解されないそうですが、これも良くあります。「気にしなければいいんだよ」との励まし受けても、「それができないんだよっ!!」と心の中で叫びたいことたびたびです。

 TMをしていてよかったことは、そんな気になることがあっても気にする時間が少なくなってくるということです。以前だったら1か月ぐらい悩んでいたことが、3週間になり、2週間になり・・・とだんだん気にする時間が短くなってきます。受ける刺激の種類にもよりますが、TMを1回すると忘れてしまう場合もあります。長くても2、3日でしょうか。


本書ではマインドフルネスを薦めています。著者の方はTMをご存知ないのかな(笑)?

マインドフルネスとは、「今ここに意識を向ける」というということで、もともとは仏教の瞑想法です。

しかし、「今ここに意識を向ける」から心が落ち着くのではなくて、心が落ち着いているから「今ここに意識を向けられる」のです。これについては次回の記事でもう少し詳しくお話しします。

というわけで私は努力なく簡単に心を落ち着けることのできるTMをお勧めします。

6月25日(日)に和光市で1200人集会が開かれました。今回はインド大使館の後援もあり、国際ヨーガの日の行事としての位置づけもありました。

実際にそこにお集まりくださったのは、800人ですが、ネットで400人以上の方が参加してくださって1200人のグループ瞑想を達成することができたのです。これはひとえにスタッフ、ボランティア、そこに集まってくださった皆さんのお蔭と心から感謝しています。

めんどくさがりやの私は、いくまでは億劫なのです。ですが、当日はたくさん旧知の方に久しぶりにお会いして、とても楽しいひと時を過ごしました。

なかでも印象に残ったのは、10年前に瞑想を始めたAさん。Aさんからお声をかけてくださったのですが、「TMを初めて人生が全く変わってしまいました。TMを初めてほんとによかったです。」とお聞きし、私もとても幸せな気持ちになりました。

時間がないため、どのように変化したのかお伺いできなかったのが残念ですが、生き生きとお話になっていた姿がとても印象的でした。

TMをしている方はみなさん調和的な雰囲気を持っているのですが、800人も一緒に集まると、ますますその調和が高まって、否定的な雰囲気がなくなってしまいます。

TMをしている方は次回のご参加をお勧めします。とても楽しく過ごせることと思います。