まだまだ寒いですが、春の訪れが感じられますね。お花屋さんの店先にはもう春がやってきています。蝋梅の香りにうっとりさせられ、色とりどりの花に見惚れてしまいます。TM瞑想を長いことやっていると、あまり効果を意識することもありませんが、嫌なことや心に気にかかることがあっても1回瞑想すれば「まあ、いいか」という気分になります。ほとんどは忘れてしまいます。

その問題が去ったわけではないのですが、それについてあれこれ思い悩み続けることはありません。

自分で解決できない問題は、どうしようもないので考えを転換できて本当にありがたいです。瞑想していない頃は一体どうやって対処していたのだろうと思います。しかも楽で、簡単なのでものぐさの私にはぴったりのやり方です。


12月は街の様子が華やかになって、気分もウキウキしてきます。

街のイルミネーション、店頭のクリスマスツリーやポインセチア、ショーウインドウにはクリスマスケーキが並び、クリスマスソングが流れます。ケーキを買わなくても、「sale」に興味がなくても、なんとなく楽しい気持ちです。

楽しい方へ、幸せな方へ、豊かな方へと向かうのは心の本質です。(超越瞑想はその性質を利用しています。)

この一年楽しいこともそうでないこともありましたが、ともかく無事にこうしていられることに感謝しています。

そして世界中の人に幸せが訪れるようにと祈らずにはいられません。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。

空がとても綺麗で、散歩をしていてとても気持ちがいいですね。

玄関に置いてある百合の花が咲いて、廊下に出るたびに百合の香りが漂ってきてそれもいい気分にさせてくれます。

三ヶ日は洋服のリフォームや裁断などをしていました。

私は、着ない服や布地が洋服ダンスにあるのが気になる性分で、処分も合わせて家事もそこそこにそれに集中していました。

4日からは通常営業で、洋裁も一時中断です。

感染者数が気になるところですが、私たちは自分のできることをするしかないですね。手洗い、マスクと共に瞑想をぜひ規則的に!

私たちの本当の能力は無限です。瞑想は考えを超越します。瞑想は私たちの意識的な心を考えを超えたレベルへと導いてくれます。そこにおいて、私たちはより洗練された、より精妙な経験能力を使用できるようになります。(マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー)


瞑想を学んだ後、皆さんよくおっしゃるのが、自然と良い発想ができるようになったということです。アート系のお仕事をされている方は特にそれを強く認識されるようです。


昨年からずーっと実家の片付けを少しづつ行っています。

実家の片付けをするのは親の生きてきた歴史を振り返ることであり、自分自身の歴史を振り返ることでもあります。自分が高校生の時に着ていた制服が出てきたり、中学生の時のアルバムが出てきたり。

そんなことをしていると、親への感謝やら、「なんでこんなもの取っといてあるんだろう」という気持ちが様々にやってきて胸いっぱいになる時があります。

そんな時は作業を少しやめて、お茶の時間にしたり、早めの瞑想を行います。片付けは、ずっと選択の連続なので、心も疲れますし、肉体作業なので体も疲れますから。

するとスッキリしてまた次の片付けが進みます。

超越瞑想を行うとストレスが取れ、自然と心が整って、いろいろなことが自然に進んでいきます。ぜひ皆さんにもこのスッキリ感を体験していただいたいです。


秋もだいぶ深まってきました。東京でも紅葉が見られる季節です。

10月に友人(同期のTM教師)に会うために広島まで行ってきました。2泊3日の短い旅行でしたので、観光はなく、ホテル・公園・喫茶店や飲食店などに行っただけでした。

なんでも話せる友人と会うだけでも心は満たされます。電話やビデオ会議システムが発達したとはいえ実際に人に会うのは、良いものです。ネット上でのやりとりとは違う心の満足があります。

また、気候も良かったので、青空と緑と爽やかな空気で、気分がとてもリフレッシュしました。

直接集まって行うグループ瞑想は長いことやっていませんが、広島に滞在中は、友人と一緒にプログラムを行いました。

「実際に集って瞑想するのはこんなに気持ちが良いんだなー」

と、グループ瞑想(とはいえたった2人ですが!)の効果を改めて確認しました。

一人で行うのとは全く違う体験で、早く皆さんと集まって大人数で瞑想したいなとしみじみ感じた旅行でした。

マハリシ総合教育研究所の総合サイトができました。

こちらに各地センターの教師のブログもUPされています。

私も宝石セラピーについて記事をUPしました。

こちらもよろしくお願いいたします。

心と体が関係しているのはどなたもご存知のことですが、思っている以上に体は心に影響します。

例えば、起こりっぽい、不安、満足感がない、幸せを感じられないなどは、体の不調が原因となっている場合があります。

最近活動が多すぎて疲れていませんか?

季節の変化で体調を崩していませんか?

消化の調子が落ちていませんか?

寝不足ではありませんか?

このようなことが一つでも当てはまると、以前と全く同じ環境であっても上記のように心が満たされない状況が起こることがあります。

例えば、消化力が落ちると、やる気が出ない、だるさ、風邪をひき易くなる、満足感がないなどを体験します。私も以前消化力が激減していた時は、ちょっと人混みに出かけただけで、風邪を引いていました。消化が落ちると免疫力まで低下してしまいます。

アーユルヴェーダでは食事が最終的に消化されると「オージャス」と呼ばれる物質が生成されると説明しています。これは免疫の基となるものでオージャスの多い人は見た目でわかります。目がキラキラしていてまさに「輝いて」います。

ですから消化が不十分になるとオージャスがうまく生成されず、免疫が低下してしまうのです。

出来立てで温かい消化の良いものをとり、休息を多めにとることによって徐々に消化は良くなっていきます。もちろんあまりひどい時はお医者さまに相談することもお忘れなく。

「怒りっぽい」ときは、ピッタ(アーユルヴェーダの代謝の質)が乱れている時もあるので、日光にあたりすぎない、暑すぎる環境は避ける、刺激物(食事や刺激の多い娯楽など)を避けることも有効です。

「不安」な場合は、ヴァータ (アーユルヴェーダの動きの質)が乱れている可能性があるので、休息を多めに取ることを心がけると良いでしょう。


いずれにしても規則的な生活、バランスの良い食事、十分な休息が回復の近道です。

心と体はとても密接に関係しているので、どちらも大切にしたいですね。

心の側からのアプローチはぜひTM瞑想をご活用ください。

TM(超越瞑想)をやって良かったことは、とにかくいろいろなことが楽になったことです。昔はもっと怒りっぽかったし、心配事がたくさんありました。


今でも怒ったり、心配事はありますが、基本的に瞑想をすれば忘れてしまいます。あるいは、ちらと心に浮かんでも、すぐ別のことに切り替えることができます。TMを長くすればするほど、その傾向は顕著になってきました。


また、効率的でめんどくさがりやの私は、「とにかく人生楽に生きたい」というのが20代からの願いでした。


効率的でめんどくさがりやの人は何かをやらないことに対しては努力を惜しみません。例えば仕事を楽にするために作業をシステム化するなどの行為です。そのシステム化の行為が多少めんどくさかろうと、その先に待っている「楽」のために頑張ります。


TMをする以前は楽がしたいがために色々なことを先回りしてやって無駄なことが多かった気がします。今は、自然の流れに任せたほうがうまくいくようになりました。昔のことを考えると無駄な努力が多かったなあと思います。


そして自分の本質に気づき、自分自身を受け入れることができるので、人と比較をしたり焦ったりもなくなります。


もし悩んでいる人やもっと人生を良くしたいと思う人がいたら「こんないいものがあるよ」と教えてあげたいです!



新年おめでとうございます。

新しい年にあたり皆様のますますのご健康、ご発展、成就をお祈りいたします。


お正月は、なんとなくのんびりした気分が漂います。もし、仕事をしていてもなんとなくゆったり、のんびりした気分です。


人は知らないうちに周りの影響を受けています。家族や職場の雰囲気は言うまでもなく、社会の人たちが感じている「何か」を感じ取っています。


以前NHKスペシャルで、社会の雰囲気を電気的な信号として計測した研究について放送していました。それが変わると、選挙でどんな人が選出され、社会がどう変わって行ったかを調べていました。


超越瞑想(TM)では、一人一人が平和、幸福になっていくことによって社会にも平和をもたらそうという一つの目的があります。個人が幸せになれば、自然と周りに良い影響を放ちます。


その実験として今まで世界中で大規模なグループ実習が行われて来ました。

例えば、1993年にワシントンDCで四千人のグループ実習をした実験です。その夏は実際に犯罪率の減少が見られました。


そのときワシントンに住んでいらっしゃった方(当時はTMをしていない)から「とても静かな夏だった」と伺いました。普段は夜でもサイレンの音がうるさいそうですが、その年の夏だけ静かだったそうです。


自分のためにTMを始めるだけで、自然と周りに良い影響をもたらすようになるなんて、こんな素晴らしい方法はありません。まだTMをしていない方は、ぜひTMを試してみてください。


そしてすでに瞑想を始めている方はグループ瞑想に足をお運びください。きっといいことが待っていますよ!


グラフ:ワシントンD.C.における犯罪率の低下と瞑想者の人数との相関関係

瞑想している方に超越瞑想をやる前とやった後でどう変わったかをお伺いすると、「あまり怒らなくなった」というお話をたくさん聞きます。

・今まで100怒っていたとしたら、3になった。

・どうにもコントロールできない怒りが自然とおさまった。

・家族から「最近怒らなくなったね」と言われた。

などです。これは不思議な事ではありません。深い休息によって内側のストレスを取り除くので自分で努力しなくても自然にそうなっていきます。


みなさんが口々におっしゃることは

TMを始める前に『ろうそくの炎をみつめる』など、いろいろな瞑想をやったけれど、TMは楽で努力しないのがいい。アンガーコントロールに比べるととにかく努力しないし、自然に怒りが静まる。

ということでした。だから長くつづけられるんですね。

年末年始のお休みを利用して超越瞑想をはじめてみたらいかがでしょうか?